■ SOLIDO FERRARI 2.5L 1962
ワークスで使用されたTestaRossaには、プロトタイプとして製作された2台、TR58が2台、TR59が2台、TR59/60が4台、TRI60が2台、TR61が2台、4Lエンジンを搭載し62年のル・マンで優勝した330LM(TRI)の合計15台がある。初期のプロトタイプ以外は全てダンロップ製の4輪ディスクブレーキを装備する。TR61はボディデザインを一新、いわゆる山猫スタイルの、2分割エアインテークグリルのノーズとカットオフテールのリアボディを採用していた。330LM/TRIは、ル・マン24時間レースで優勝した最後のフロントエンジンカーとなった。

モデルは復刻版となるSOLIDO製のFERRARI 2.5L。現代のミニチュアカーにはない独自の雰囲気がよいですね。精密モデルもそれなりの魅力がありますが、This is Miniaturecarらしい佇まいがよいです。本体、パッケージとも新品同様です。


■販売価格:4,200円(送料・消費税込)