■ RIO FIAT 128 Brno 1970
1969年3月にデビューした128。128のモノコックボディのスタイルは、直線基調の機能最優先かつ簡潔なもの。総重量は800kgに抑制されている。ジアコーサ式前輪駆動がそのパッケージングにもたらした影響は大きく、広大な室内とラゲッジスペースを確保した128は、自動車設計の歴史上でも優れたパッケージングの代表例にしばしば挙げられる。ジアコーザ発案の直列式横置きエンジン前輪駆動が、世界の前輪駆動車の大勢を占めることになった史実は大変に意義深いものである。

RIO製となるフィアット128レーシング。箱車大好きの私にとって憧れの一台である128。普通のセダンなんですがシンプルの極めと言うかとにかくカッコいいのである。本体美品。パッケージは擦れがあります。


■販売価格:4,000円(送料・消費税込)