■ VEREM FIAT 2300 GHIA
カロッツェリア・ギアがデザイン、OSIが製造する2+2ボディを持つエレガントなGTカーとして1960年のトリノ自動車ショーで登場し好評を博して翌1961年に市販開始された。当時まだイタリア車では珍しかったパワーウィンドゥなどの豪華装備を持ち「プアマンズ・フェラーリ」と称された。当初2100Sとして登場したが、間もなくベース車種のモデルチェンジに伴い2300Sに発展した。エンジンはツインキャブレターでチューンされ、2300Sでは136馬力まで強化されていた。生産は1968年まで行われた。

VERM製となるFIAT2300GHIA。このモデルはなんと言っても本家であるソリド製が人気。全体的な仕上げがジュエル・ライトを省く等、ソリドに較べて少し粗いですが、ソリドにはないカラーがリリースされていました。このレッドもベレムだけになります。本体キズなしの美品。パッケージは付きません。


■販売価格:3,000円(送料・消費税込)