■ EBBRO AUSTIN HEALEY SPRITE MK2
オースチン・ヒーリー・スプライトの登場から3年後、ボディ形状を大きく変更しMK2にチェンジ。兄弟車としてMGミジェットも登場した。両車はまとめてスプリジェットと呼ばれる。メカニズム的には948ccエンジンは46.5Psに出力が高められより日常的になった。1964年登場した「スプライトMk2」は、エンジンはMK1・後期型で既に1098ccとなっており変更はないが、窓ガラスが巻き上げ式となり三角窓が付いた。それとドアの開閉が外から出来る様に取っ手が外側に付いたのが外見上大きな識別点となる。この後「スプライト」は1966-70年1275ccのエンジンで「Mk3」となり、1971年には車名が単純に「オースチン・スプライト」だけとなってこの年で生産は終了した。

EBRRO製となるオースチン・ヒーリー・スプライトMK2。その造りは量産モデルとして非の打ち所がない。本体美品、パッケージも綺麗です。


■販売価格:5,400円(送料・消費税込)