■BIZARRE MG A MONTE CALRO RALLY 1962
MGAは現代のようなモノコックボディではなく1930-40年代のMG TAからTFの設計を発展させた全金属製のラダーフレームにエンジン、トランスミッション、リアアクスルなどを架装しその上に空力設計を大きく考慮した金属製のボディを載せてある。床板は合板。最初のモデルはOHV直列4気筒1,500ccのBMC Bタイプエンジンをフロントに搭載し4速のマニュアル・トランスミッションを介しリジッドアクスルの後輪を駆動する設計とされた。MGは創業のそもそもがレース活動と関わりがあるようにMGAにおいても多くの戦歴を残している。改良型ボディでのル・マン24時間レース、セブリング12時間への参戦やミッレ・ミリアやモンテカルロ・ラリーなどのラリー競技にも親会社BMCのワークス活動の一環として活躍した。

BIZARRE製となるMG-A。62年のモンテ・カルロ・ラリー仕様車でその造りは素晴らしく、MGファンならずともお薦めしたいミニチュアカーです。本体、パッケージとも新品同様です。


■販売価格:7,500円(送料・消費税込)